株式会社KOSEI工業

静岡県浜松市など県西部の雨漏り、防水工事、塗装工事、リフォーム工事は「株式会社KOSEI工業」

無料現場診断サービス

数々の改修現場に携わってきたKOSEI工業が現場を調査して現状をご報告するとともに最適な改修方法をご提案するサービスです。


→詳細はこちら

 

サービスエリア

浜松市(旧 浜松市・浜北市・舞阪町・雄踏町・細江町・引佐町)、湖西市、森町、新居町、磐田市(旧 磐田市・福田町・竜洋町・豊田町)、掛川市(旧 掛川市・大東町)、袋井市(旧 袋井市・浅羽町)

 

サービス内容

防水工事・リフォーム(屋根・屋上から~シーリング施工等による改修リフォーム工事)
外壁塗装工事・リフォーム(外装のひび割れ、塗装のはがれ、汚れの塗り替え)

 

HOME»  外壁塗装

塗装とは

建物外壁を保護し、美観を保つ為、保護機能を持った塗料で塗替えが必要になります。
 

高圧水洗浄

   

下塗り

   

上塗り

   

中塗り

 

 

高圧水洗浄


 古い塗膜に付着している汚れを
 除去します。

 

 

 

下塗り


 既存の下地材と新しい上塗り材
 を密着させる材料です。

   

 

中塗り


 同じ材料を2回塗ります。1回では
 規定の塗布の塗布量が塗れない
 ため、2回塗ります。

   

 

上塗り


 塗りムラがないように中塗りと
 上塗りは色を変えて施工します。

 

 

外壁塗装

なぜ塗替えをするのか

経年によりサイディングやALCは塗替えがないと劣化が急激に進みますので、
定期的なメンテナンスが不可欠となります。

サイディングは放置すると雨水や空気中の湿気による板の伸縮と炭酸ガスの吸収による炭酸化が
進み割れや剥離、膨張など劣化が進み外装材として機能(防火、防水、意匠など)が低減します。


→外壁が窯業サイディング仕様の一般住宅の価格の目安はこちらから

 

外壁の劣化 ・目視で確認できる現象

カビ、藻の発生

 

ひび割れ

 

塗装のはがれ

カビ、藻の発生

 

ひび割れ
(外壁のクラック)

 

塗装のはがれ

 

鉄部の錆

 

チョーキング

   

鉄部の錆

 

チョーキング
触れると手に粉が付く

   

 

「高圧水洗浄」

ほこり、汚れ、藻、コケ、カビなどを洗い流し
清浄な面にします。

  屋根部分

 

「シーリング材の打替え」

塗り替え後、目地部汚れ防止のために
ノンブリードシーリング材にて施工

 




 

 

「下地補修」

クラック補修

素地により選定 ・エポキシ樹脂注入
            ・シーリング材充填
            ・エマルジョン補修パテ







  素材まで達したような深いひび割れは裂け目
 から雨水が入ると壁の中まで傷みが進み、家
 全体に耐久性が低下することになります。

 

  外壁部分

外壁部分

 

外壁塗装

下地をきれいにし補修が終わったらいよいよ外壁塗装が始まります。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3ステップ。
ローラーで丁寧に塗り上げていきます。

 

下塗り(通常1回)

 

中塗り

 

上塗り

下塗り(通常1回)
劣化状況によっては下塗りが2回必要な場合もあります

 

中塗り
適正な膜厚を確保するため
(1回目に中塗色)

 

上塗り
適正な膜厚を確保するため
(2回目に仕上色)

 

外壁塗装についての考え方

住宅の塗装をする理由は色々あります。

住まいの色を変えたり塗り直したりして美観を保つこと
もちろん一つの理由ですが、その他にも重要な役目を担っています。

日本の気候は温暖湿潤、つまり暖かく雨が多い気候帯に属しています。台風や梅雨など雨にまつわる季節ごとの被害も数多くあるため、住まいは長い時間雨水にさらされる事になります。

そのため、何の対策もしていない場合小さなヒビ割れや剥がれなどから水が浸入していわゆる雨漏りの被害を受ける事になります。

  外壁塗装についての考え方

 

一般的 外壁塗り替え時期と目安

一般的に住宅の塗装は約10年を目安に塗り替えをしなければならないと言われています。

もちろん使用した塗料や気候などの条件によって異なるので一概には言えませんが、大体はこの周期を目安にします。
しかし具体的に塗り替えてから何年経ったと、外壁を常に気にしている方も少ないと思います。

そこで、一目見て解るような塗り替え時期を示唆するサインは外壁の劣化、目視で確認できるため、点検をしてみて下さい。

  一般的 外壁塗り替え時期と目安

 

メンテナンスについて

外壁の洗浄
年2回程度ホースで水洗いする程度で美しさの持ちが違います!!

  メンテナンスについて

 

シーリング材とは

大切な建物の外壁素材を守るため、欠くことのできない
必要不可欠な建築防水材料です。

既存シーリング材撤去

 

ボンドブレーカー装填

 

プライマー塗布

 

既存シーリング材撤去


太陽の紫外線による劣化
建物の揺れによる劣化
経年による劣化等で剥離
破断し、不具合を発生する
ため撤去します。

 

 

 

ボンドブレーカー装填


3面接着を防止する為に、
装填する材料です。

 

 

プライマー塗布


多数の目地構成部材に十分接着させるため、被着体に応じたプライマーの選定が不可欠です。

 

シーリング材充填

 

 

 

シーリング材充填

施工する目地の条件に適合する材質を選定します。

 

完了

水密性(雨水の浸入)
気密性の機能が復活しました。

 

 

 

シーリング補修工法

シーリング補修工法

 

シーリング目地からの漏水の原因となる現象

劣化現象 内容 原因
被着体の破壊 シーリング目地周辺の被着体にひび割れや、欠落が発生する現象 過度な引張り応力の発生
被着体の表面強度の不足
シーリング材の破断(口開き) シーリング材に発生したひび割れが目地底まで達し、完全に破断している状態 シーリング材の不適
シーリング材の伸び能力の低下
被着面からの剥離 シーリング材の被着面から剥離する現象 被着体の表面状態の不良
プライマーの不良
過度の応力発生
プライマーの劣化

 

外壁のシーリング材打替えについて

紫外線、温度変化、及び挙動等によって次第に劣化する材料です。

シーリング材の耐久性はその被着面と施工条件に大きく左右され、劣化進行度は部位方位により大きく差異が生じます。
外壁改修時には劣化が進んでいるシーリング部位については、同時に改修されることが必要と考えます。
シーリング材は有機物ということもあり、経年により劣化が進行していきます。
「剥離箇所が見受けられる」「しわが見受けられる」など剥離や破断があればシーリング材が耐用年数を越え広範囲にわたって劣化している恐れがあります。

 

シーリング材(3面接着)とボンドブレーカーの選定

正しく施工された窯業サイディング材の目地にはハットジョイナーが施工されており、そのハット部(突部)にはボンドブレーカー(シーリング材が3面接着を防ぐ専用テープ)があります。既存シーリング材を撤去する時、取れてしまうことが結構あるためボンドブレーカーの取替えも必ず、必要です。

3面にシーリング材を接着させると、サイディングの伸縮、建物のゆれ等に追随できずいずれ破断をおこすため、ボンドブレーカーを充填します。

 

   

外部面

 

ヘットジョイナー

 

ボンドブレーカー

 

簡単なシーリング材の適用区分

シーリング材とは大切な建物の外壁素材を守るため欠くことのできない必要不可欠な建築防水材料です。大きなビルなどは幾多のシーリング材が使用されていますが一般的には3種類で対応できます。

 

シーリング材の種類 工事可能部位
変成シリコーン系 コンクリート
ALC(塗装なしの板)
押出成形セメント板
プレキャストコンクリート
金属類
ポリウレタン系 ALC(塗装をする場合)
押出成形セメント板(塗装をする場合)
コンクリート
シリコーン系 ガラス

 

お問い合わせ

お問い合わせ